<< 平成29年−雇保法問1−E「公課の禁止」 | main | 平成29年−徴収法〔労災〕問9−B「擬制任意適用」 >>

平成29年−雇保法問5−E「国庫負担」

今回は、平成29年−雇保法問5−E「国庫負担」です。

 


☆☆======================================================☆☆

 


雇用保険法によると、高年齢求職者給付金の支給に要する費用は、国庫の負担
の対象とはならない。

 


☆☆======================================================☆☆

 


「国庫負担」に関する問題です。

 

次の問題をみてください。

 


☆☆======================================================☆☆

 


【 11−1−C 】

 

国庫は、求職者給付に要する費用の一部を負担するが、平成7年度に設けられた
雇用継続給付に要する費用については負担しない。

 


【 10−7−A 】

 

失業等給付に関しては、求職者給付のほか、就職促進給付及び雇用継続給付に
ついても、当該給付に要する費用の一定割合を国庫は負担する。

 


【 19−7−E 】


育児休業給付及び介護休業給付に要する費用については国庫負担はなく、労使
が折半して支払う保険料のみによって費用が賄われる。

 


【 22−7−A 】

 

教育訓練給付に要する費用については、原則として、その8分の1を国庫が
負担するものとされている。

 


【 6−7−C[改題]】

 

国庫は、求職者給付(高年齢求職者給付金を除く)に要する費用の一部を
負担するが、就職促進給付に要する費用については負担しない。

 


【 20−7−B[改題]】

 

国庫は、求職者給付(高年齢求職者給付金を除く)及び雇用継続給付
(高年齢雇用継続基本給付金及び高年齢再就職給付金を除く)に要する
費用の一部を負担するが、その額は、平成29年度から平成31年度まで
の各年度においては、本来の規定による負担額の100分の10に相当
する額とされている。

 


☆☆======================================================☆☆

 


「失業等給付に係る国庫負担」に関する問題です。

 

国庫負担に関しては、その割合を論点にしてくることもありますし、
どの給付に対して行われるのかを論点にしてくることもあります。

【 20−7−B[改題]】以外の問題は、いずれも、国庫負担の有無を論点にした
問題です。
過去に何度も論点になっています。

 

国庫負担があるのは、高年齢求職者給付金以外の求職者給付と高年齢雇用継続
給付以外の雇用継続給付だけです。

 

【 11−1−C 】では、「雇用継続給付」について国庫負担がないとしているので、
誤りです。
【 10−7−A 】では、「就職促進給付」について国庫負担があるとしているので、
誤りですね。
【 19−7−E 】では、「育児休業給付及び介護休業給付」について、国庫負担がない
としています。雇用継続給付のうち、これらには国庫負担があります。
ないのは、高年齢雇用継続給付です。なので、誤りです。
【 22−7−A 】では、「教育訓練給付」について国庫負担がある記述になって
います。ありませんよね。


はい、ということで、これも誤りです。

 

これらに対して、【 6−7−C[改題]】と【 29−5−E 】は正しいですね。


ちなみに、高年齢求職者給付金の支給を受けられる者は、通常、老齢基礎年金の
支給を受けられ、その老齢基礎年金には国庫負担が行われているので、国庫負担
が重複しないよう、高年齢求職者給付金の支給に要する費用には国庫負担を行わ
ないようにしています。

 

そこで、【 20−7−B[改題]】ですが、
「求職者給付(高年齢求職者給付金を除く)及び雇用継続給付(高年齢雇用継続
基本給付金及び高年齢再就職給付金を除く)」に、国庫負担があるとしているので、
この部分は正しい内容です。
後半部分で、さらに負担割合にも言及していますが、国庫負担の割合については、
原則として
日雇労働求職者給付金以外の求職者給付(高年齢求職者給付金は除きます)は
4分の1
日雇労働求職者給付金は3分の1
雇用継続給付(高年齢雇用継続基本給付金及び高年齢再就職給付金は除きます)は
8分の1
となっています。
ただし、
平成29年度から平成31年度までの各年度においては、国庫が負担すべきことと
されている額の100分の10に相当する額とされています。
ですので、【 20−7−B[改題]】では、
「本来の規定による負担額の100分の10に相当する額」とあり、
この部分も正しくなり、問題全体として正しいということになります。

 

ということで、まずは負担の有無、そのうえで、負担割合を正確に押さえておきま
しょう。選択式での出題実績もありますから。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.04.21 Saturday
  • -
  • 05:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM