<< 平成28年−安衛法・選択「総括安全衛生管理者の選任」 | main | 平成28年−労基法問1−ウ「均等待遇」 >>

平成28年−社会一般・選択「社会保険の沿革」

今回は、平成28年−社会一般・選択「社会保険の沿革」です。

 


☆☆======================================================☆☆

 


日本では、政府は、労使関係の対立緩和、社会不安の沈静化を図る観点から、
( A )に倣い労働者を対象とする疾病保険制度の検討を開始し、( B )に
「健康保険法」を制定した。

 


☆☆======================================================☆☆

 

 

「社会保険の沿革」に関する問題です。

次の問題をみてください。

 


☆☆======================================================☆☆

 

 

【 21−健保1−A 】

 

健康保険法は、大正11年に制定され、同時に施行された日本で最初の社会保険
に関する法である。

 


【 10−7−A 】

 

健康保険法は、保険給付及び費用の負担に関する規定を除き、大正15年7月1日
より施行された。

 


【 9−9−A 】

 

公的な医療保険制度は、大正11年に創設された工場労働者を対象とする健康保険法
が始まりであり、次いで農業者や自営業者を対象とする国民健康保険法が昭和13年
に創設された。

 


☆☆======================================================☆☆

 


健康保険法は、日本で最初の「社会保険」で、大正11年に制定されました。

 

施行については、
保険給付及び費用の負担に関する規定以外は大正15年7月から、
保険給付及び費用の負担に関する規定は昭和2年1月から
でした。

 

この公布から施行までの期間、かなりありますが、
大正12年9月1日に関東大震災が起きたのが影響しているという話です。

 

ということで、
「大正11年に制定され、同時に施行された」とある【 21−健保1−A 】は誤り、
【 10−7−A 】は正しいです。
【 9−9−A 】は、国民健康保険法の創設についても触れていますが、正しいです。

 

国民健康保険法は、昭和13年に制定され、施行されています。

 

【 28−選択 】の答えは
A:ドイツ B:大正11年
です。

 

この選択式の問題では、選択肢に「大正15年」「昭和13年」などがあり、
施行の時期や国民健康保険法の制定時期と勘違いしたり、混同したりして、
間違えてしまった受験生も少なからずいるようです。

 

社会保険の沿革については、このほか、国民皆保険や国民皆年金など、
何度も出題されているものがあるので、
主だったものは、正確に覚えておきましょう。

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.04.04 Saturday
  • -
  • 05:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM